初心者のためのベビーシッター情報サイト

外国ではベビーシッターはスタンダード

外国ではベビーシッターはスタンダード 保育所不足など日本では働くお母さんの環境は整っていませんが、外国ではベビーシッターを雇う文化はがあり、ワーキングマザーの支援が充実しています。
イギリスでは育児施設が充実していてベビーシッターや子供を預ける施設が充実しています。
日中だけでなく夜も預けることができます。
アメリカも女性が外で働く家庭が多く、ワーキングマザーへの支援が充実しています。
アメリカでは基本的には12歳以下の子供は大人がいないと子供だけで留守番することは禁止されています。
ワーキングマザーだけでなく一般的にベビーシッターを雇うことが多く、高校生のアルバイトも多く値段はリーズナブルです。
フランスも出産後も女性が働くことが当たり前になっているためベビーシッター制度は充実しています。
保育費はフランスはとくに安くワーキングマザーにとって魅力的で出産率も高くなっています。
日本では雇う文化は進んでいませんが、保育所不足などを考えると検討する必要があります。

ベビーシッターをとりまく現状

ベビーシッターをとりまく現状 ベビーシッターは依頼主の住宅をはじめ企業や大型商業施設の託児ルームなどで活躍しています。
都市部を中心に保育所の待機児童の増加という現状もあり、将来はさらに活躍の場が広がることも予想されています。
また、保育所や幼稚園は拘束時間が長い上、上司や同僚との関係、保護者との関係、外部組織との関係など園児以外にも気を遣わなければならないことが多く、精神的な負担も見過ごすことができません。
ベビーシッターは比較的自由度が高いのが特徴で、出産や子育てで保育所や幼稚園の現場を離れた人や、定年退職後の人でも家事や育児、私生活とのバランスを保ちながら働ける仕事です。
子どもや保護者への責任はあるものの、それ以外の人間関係で神経を使うこともほとんどありません。
そのため、実際に保育士や幼稚園教諭、養護教諭を経験した人がベビーシッターに転身するケースも増えているようです。
多くの子どもを抱える保育園や幼稚園では子ども一人ひとりに向き合うことは難しい面もありますが、ベビーシッターは一人の子どもとしっかり向き合うことができるのも大きな魅力です。