初心者のためのベビーシッター情報サイト

ベビーシッターに近い「保育ママ」システム

ベビーシッターに近い「保育ママ」システム 「保育ママ」というお仕事があることをご存知でしょうか。
家庭福祉員のことを分かりやすく言っているのですが、保育園に入れなかった子どもの保育をするお仕事です。
一人が預れる子供の数は3人までなので、ベビーシッターにお世話を頼むのと似たような感じになるでしょう。
小人数というメリットも多くあり、家庭的な雰囲気や一人一人に目が行き届くなどあります。
保育ママになるには自治体の認定を受ける必要があります。
保育士や幼稚園教諭、助産師、保健師などの有資格者がなることも多いですが、保育経験の豊富な人が自治体の定める研修を受けてなることも可能です。
この制度は全国すべての自治体で実施しているものではないので、このお仕事に就くことを希望される場合は確認が必要です。
ベビーシッターと違う点は、保育を行う場所があります。
ベビーシッターは依頼者の家で保育サービスを行います。
保育ママは受けられる保育はシッターに近いですが、保育者の家などに通う点では保育園に近いかもしれません。

ベビーシッターとして開業するには?

ベビーシッターとして開業するには? 日本は少子化が進んではいますが、一方で共働き家庭が増えていることもあって保育関連事業や職種はかなり需要が高くなっています。
保育園に入れない待機児童の問題も地域によってはかなり深刻で、そのような地域では子供を預けたいのに預けられないという人も多くいるようです。
そこで最近人気なのがベビーシッターとなります。
しかもベビーシッターは企業に属する方も多くいますが、中には独立したり最初から個人事業として開業している方も多くいるようです。
では、ベビーシッターとして開業するにはどんな手続きなどがいるのでしょうか。
実は、この職種には資格や申請・手続きなどは必要ありません。
なろうと思った時から始めることが可能なのです。
しかし、子供を預かるという責任が発生します。
ですので、育児や衣料などに関する幅広い知識も必要となるのは当然と言えるでしょう。
そのため開業前には保育施設で勤務したり企業に所属してベビーシッターの経験を積む方が多いようです。
また、損害賠償保険に加入したり保育関連の協会などに加盟することも重要と言えます。