ベビーシッター関連の法整備

ベビーシッター関連の法整備

ベビーシッター関連の法整備 昨今、共働きの家庭が増えており、日中子供をどこに預けておくかということが1つの関心事になっています。
その中で注目を集めているのがベビーシッターです。
ベビーシッターは託児所などとは異なり、子供を連れていく必要がなく、また眠るまで一緒にいてくれるというメリットがあります。
そのため、これから利用者が増えてくることも十分に考えられます。

しかし、ベビーシッターが日本で一般化するにあたって1つの問題があります。
それは法整備です。
あまり考えたくないことですが、ベビーシッターを頼んで子供に万が一のことがあった場合、責任を追及することはできるのかということも話題になります。
もちろん、明らかな過失によって子供に万が一のことがあった場合は刑事責任を問える可能性があります。
ところが、少し体調不良かと思って家で世話をしていたら容態が急変したというケースでは、法律上どう取り扱うかが難しくなっています。
安心して依頼できるように適切な法整備が必要と言えます。

保護者とベビーシッターの連絡・打ち合わせはしっかり行いましょう

保護者とベビーシッターの連絡・打ち合わせはしっかり行いましょう ベビーシッターに子供を預ける保護者は、しっかりと打ち合わせや連絡を行う必要があります。
打ち合わせは大変重要で、保護者は日常的に子供に接し、その子の特性について無意識に理解していますが、ベビーシッターはその情報を知りえません。
好きな食べ物嫌いな食べ物、病気やアレルギー、何に興味を持っているかなど親なら知っている事でも他人には分からないのです。
親が当たり前と思っていても、他人にはそうではないのです。
知っていたら対処できるのに、知らなかったために大変な事になってしまう事もあります。
預ける前にしっかりと打ち合わせを行い、子どもの情報をベビーシッターに伝えてください。
また保護者は何かあった時にすぐ連絡が取れるように、確実に連絡が取れる電話番号をベビーシッターに教えて、自分もいつ電話などがかかってきても良いように心づもりしていていてください。
親でないと対処できない事態になった場合に連絡が取れないと、大変な事になる可能性もあります。